古代インドの呼吸法、呼吸法で心と体と魂の健康を。呼吸法で脳を活性化。ヨーガ・セラピーで自律神経をコントロールする。

陽子

陽子・プニタの公式サイトHOME

呼吸法で脳を活性化。
ヨーガ・セラピーで自律神経をコントロールする。

TEL 090-1414-1040

陽子

ヨーガ・カウンセリング

ヨーガ教室

講演・研修・セミナー

受講生の声

陽子・プニタのお気に入りグッズ

陽子・プニタのアートコレクション

古代インドの呼吸法

ヨーガの起源はインダス文明(紀元前3000年〜1500年頃)にさかのぼるとも言われています。

yogaはyuj(結び付ける、くび木を懸ける)という動詞が名詞化したものです。
「ヨーガ」というサンスクリット語には「統合」とか「結合」の意味があります。
人と神さまとの結合、大いなるものとの結合、人間の意識と宇宙意識との 結合を意味し、そのことが、ヨーガの目的です。
またヨーガは心の作用を統御して、その結果、宇宙原理や悟りの智慧を体得 しようとする方法論でもあります。
大いなる存在を悟り、万物と一体となった状態に到達するために役立つと 考えられるすべての方法を「ヨーガ」といいます。
目的と方法論の二つのことを「ヨーガ」という一つの言葉で表しています。

伝統的なヨーガは四つに分類されます。

1・バクティ・ヨーガ

自己の放棄
「信仰の道」ともいわれ神様への愛に比べたら感覚の楽しみ(おいしい食事や音楽など)や、知性の喜びなどは影がうすいと思い,ひたすら神様への愛に生きる。
子供が母を求めるように神さまを求める。
*マザーテレサのような生き方

2・カルマ・ヨーガ

結果の放棄
カルマとはただ単に行為を意味します。
自分の行為の結果に対する思いに捉われない。見返りを求めない。
自分の果たすべき義務(父親だったら家族の扶養、戦士だったら戦争)をきちんと果たす。

3・ギアーナ(ジアーナ)・ヨーガ 

この世の放棄(世俗)
哲学的な思索により真理に到達する。
この世をマーヤー(幻を創りだす力)が創った世界(迷妄、蜃気楼)とみる。

4・ラージャ・ヨーガ

自然の放棄
真の自己は肉体ではないと分かる事。一番身近な自然は自分の身体。
身体の痛みにまきこまれない、ふりまわされない。
お金の無いこと、または有りすぎることに振り回されない。
心をコントロールすること。

*ハタ・ヨーガ・・・  ラージャヨーガの準備段階としてのヨーガのことをいう

以上の四つのヨーガの一つでも極めれば、悟りに至れるといわれています。 今、流行のパワーヨーガや、ホットヨーガなどはラージャ・ヨーガの中に含まれる 準備段階としてのハタ・ヨーガのバリエーションです。

yoga youko-punita

陽子・プニタの公式サイト